ワセジョの考察

早稲田大学文化構想学部2年生。が色々考察するブログ、兼人生模索日記。暇なのでいろんなことに挑戦します~~~ばばんっ

バイトが続かない理由を考察する。

こんばんは。

 

むしゃくしゃして一人酒してます、まきです。

 

f:id:makiron888:20171026001558j:plain

 

 

って写真デカ笑

 

 

今日は私がなぜこんなにバイトが続かないのか?客観的に、時には主観的に考察していきます笑

 

バイト歴1年10か月ですが今までやってきたバイトは5個。それぞれ結構長くやってて、職場の人のこともまあまあ知っていたつもりなのにこうみるとコロコロしすぎかもしれない。

 

・駿〇予備校のチューター(一年)←よくやった

・某高級め中華料理のホール(6か月)

・カウンター寿司屋のホール(6か月)

・馬券売り場インフォメーション(1か月)

・古着屋店員(もうすぐ一か月)←継続中

 

んー、2年いかないのに続いてないなあ。こんなもんかあ

 

じゃあ次になんでやめたか書き出します!

 

・駿〇予備校のチューター←毎週固定時間に出勤だったのが映画サークル民としてつらかった。生徒とさほど交流もないし資源むだにしまくってんのが心苦しかった。
・某高級め中華料理のホール←人手不足で忙しすぎ。皿重いし毎回足が痛くて次の日に響いていた。やること覚えることいっぱいで仕事を覚えられずずっと肩身が狭かった。
・カウンター寿司屋のホール←物理的に背伸びすることが多く足が痛かった。喫煙OKだったのでタバコ苦手な私にとってつらかった
・馬券売り場インフォメーション←朝が早い。変なおじさんばっか来る。

 

うーん。足がよく痛くなるのは私の身長が原因かもしれない、、(150くらい)

上にあるものとろうとするとふくらはぎぱんぱんになる

 

今は家から徒歩5分のおっきめな古着屋でバイトしているのですが

やめたい。

 

バイト終わりにむしゃくしゃしてスーパーでお酒🍶買ってため息ついてるのもうやだ。。。

ここは客観的にならねば!

理由を書き出してみる。

 

・スタッフたちが冷たい

・ラウンド(売り場を回って服のディスプレイを整えること)ばかりで足痛いし飽きた

・基本ほっとかれる

→・いちいち「何かすることありますか?」と聞きに行くのがストレスでだるい

・バイトの人となじめない

・会計の時以外お客さんとほとんど会話をしないのでなんか寂しい

・教えてもらうことばかりで「はい!」「すいません」を連呼せざるを得ないのでストレス

 

ざっとこんな感じです、、

こうやって客観的にみると結構子供っぽい気もする、、でもなあ。

やなもんはやなんだもん。

 

同じ時期に入った一つ年下の男の子がいるんだけど、(サッカー選手目指してて人懐っこい)その子がやることなくてうろうろしてたり、様子伺ってたり、ラウンドしすぎで足が痛いって言ってるのを見ると心が痛い。

今日も店を閉めた後の作業中、私とその子、新人二人はやることないのでまたラウンドさせられてて、(もうそのフロアはベテランスタッフさんがラウンドし終わった後だったのでめちゃくちゃきれいだった)もうやることもないので二人で少し話しながら服整えてたら後で怒られました。

もうラウンドしまくりで飽きたよ。。。

 

今のままじゃ私の死因ラウンドかもよ?

3時間4時間も同じ売り場うろうろしてたら服も整い終わるし飽きるわ。

普通のショップ店員さんたちすごいな、、、

 

でもさあ、

時給900円だぜ!?!?(埼玉県最低賃金やすいよ、、)

こんなへこへこして嫌な思いしてストレス抱える意味ある!?

 

って思っちゃうのは私だけだろうか。

そのバイト先に入るまでろくに知らなかったような人達に怒られ教育されほっとかれる。。

 

あ。。酔いがまわってきたかもしれない、少し頭がぼーっとする。

キーボードを打つ手も重い、、

 

考察!!

 

私は人の様子を窺ったり、手持無沙汰であったり、足を痛めたりするようなことは苦手だ。そんなことを我慢して働き続けたくはないと思い、(あと人間関係が嫌になる)すぐやめようとしてしまう。

それと、小さいときから人から一方的に教えてもらって感謝して、、っていうのに慣れていないのでバイト初めの時期にストレスたまって心が挫折する。そのまま続けてみるもやっぱり挫折する。

 

我慢強くない。子供っぽい。すぐお金に換算する。ストレス感じる沸点が低い。

 

以上。

 

んー反省すべきなのかそうでないのか。

時には逃げるは役にたつ。

とりあえずがんばろう。がんばりましょうみなさん。。

 

今日はこの辺で、お先に失礼しますお疲れ様です!!!

休学します。

今現在私は2年生なのですが、来年1年間、大学を休学しようと思っております。

ブログを始めたのも日々面白いと思ったことを書き留めるだけの目的ではなく、その休学している1年間を客観的に自分でとらえたいと思ったから。

 

前半半年は北海道のとある町の牧場に(牛が300頭もいる!)住み込みで働きに行って、後半はオーストラリアに留学に行きます。

理由は、都会で今までの20年間暮らしてきて、このまま大学を卒業してすぐ就職して(きっと都会で)・・・っていうのが不安になったから。田舎の祖父の家での生活がとても好きで、人生の選択肢として都会暮らしだけではない、他の生き方の選択肢をみたくなったから、っていうのが一番の理由です。

もともと動物や自然が好きで、生活してみたかった。

海外で生活するのも長年の夢でした。

最近そんなに人間関係うまくいってないなー、って思ったり、大学生活このままでいいのだろうか、自分のこの先の人生はずっとこんな生き方なのだろうか、って悩んだりするってときもあって、来年は大学生活のちょうど真ん中、いいターニングポイントになるのではないかと思い決めました!

 

今はわくわくしてます。いろいろ計画中で、今までなあなあに流れていた時間がとても大切なものに思えてきました!楽しみだ!英語もいっぱい勉強しよう。

 

来年1年間、有意義なものになりますように。

 

「美」ってなんだ!?デロリ美術について考察する

f:id:makiron888:20171024165323j:plain

 

岸田劉生の絵からはじまりまして、こんばんは、今日はデロリ美術について考えます

 

丹尾先生の講義でなんとも面白い世界を知ってしまった!

その名も「デロリ」。

何のことやら?となると思うので引用。

”「ワビ・サビ」が日本美術だなんて誰が決めた!?古代以来、日本美術の底流にどくどく流れる、強烈で、エグく、ギトギトの血―それが「デロリ」の美だ。食あたり覚悟で、いざデロリ・フルコース!”(芸術新潮・仰天日本美術史「デロリ」の血脈より)

 

この説明が集約しているように西洋美術の、均衡が取れていて、端正で、そんな「美」の基準ですべてを見てはいけない!そういうことです。

たとえ東洋美術をみるにしても、それはあくまで西洋美術の「美」に慣れて、その美の基準に慣れた視点からでしかない。それは正しいのか??

 

 

作品例

f:id:makiron888:20171024165402j:plainf:id:makiron888:20171024165508j:plain

 

 

(この絵は死体が腐って行く様子を9段階に分けて描いたやつ作品。グロくてブログに載せるのは2段階目が限界)

 

f:id:makiron888:20171024165307j:plain

北斎暁斎などの作品を中心に、もっと生々しく、思わず顔をそむけたくなるような、それでいて引きつけられる。そんな美を「デロリ」と表すのです。

 

 

ここでは写真は載せませんが、確かに戦時中の死体の山の写真など、悲惨で見て幸せになれるわけでもないのに、なぜかひきつけられ、じっと見てしまうような経験はあります。関東大震災後売り出された死体の山の写真のはがきは当時飛ぶように売れたそうです。

 

美術の世界は広いな~~

なんか創作意欲を掻き立てられますね。なんつって

 

 

自己紹介。

こんばんは、初めまして。

早速ですが本日20歳になりました。パンパカパーン!

ワセダ大学文化構想学部所属20歳、マキと申します。

 

今日から20代が始まったということで、ブログをはじめました。

これから自分の可能性を探す、という名目で現状不満足な欲望たっぷりの一大学生らしく日々を綴っていきたいと思います。

 

プロフィール

山田詠美と猫が好き

・映画サークル所属

 

よろしくお願いします~~~~~

ばばんっ